Loading...
MENU

AceReal Oneで実現できる業務改善のご紹介

AceRealを導入することでもたらされるメリットや利用シーンを、分野・業種別にご紹介します。
これらの利用シーンでは、別途用途に合わせたアプリケーションの開発や、他システムとの連携が必要です。

1.フィールドサポート

熟練者不足対策

今までは

少子高齢化による労働者不足から、フィールドサポートの現場では熟練技術者の人材不足が顕著化してきています。その為、経験が少ない技術者が一人で現場に行くケースも多く、作業品質を保つことが困難になってきています。また、対応に迷って熟練者に確認する際に、電話による指示だけでは困難なケースが多く存在します。

AceReal
を使うと

現場状況を、映像と音声でリアルタイムに共有することが可能なため、熟練者が複数の現場に対して、事務所にいながらタイムリーに作業を支援できます。作業する人のスキル・経験に依存せず均一レベルでの作業が可能となり、リソースが有効活用できます。
また、センターにいる熟練者から現場へ、タイムリーに必要な資料を送信することで膨大なマニュアルを参照する手間を省くこともできます。

熟練者不足対策

ハンズフリー作業で業務効率UP

今までは

従来の紙やモバイル端末を使用して作業した場合では、マニュアル・チェックリストを手に持つ必要があります。

AceReal
を使うと

マニュアル・チェックリストを手に持たずに、空間上に表示します。音声操作やヘッドトラッキング(頭の傾きを感知)で画面操作を行うことでハンズフリー作業を実現し、両手には工具を持つことができます。
また表示するマニュアルはPDFだけなく、3Dで作成したマニュアルを立体的に表示することで、複雑な機構や機能も理解することができます。機械から目を外さず(アイズフリー)に作業に集中できるため、作業員の安全確保にもつながります。

ハンズフリー作業で業務効率UP

2.工場

製造現場の業務改善

■安全対策

KY(危険予知)情報を表示させることで行動する前に危険を防止し、作業員の安全を守ることができます。
また、普段慣れてしまっているKY活動をチェックリスト化することで作業員の危機管理意識を高めることができます。

■データ連携

AceReal OneのカメラでQRコードやJANコードの情報を取得し、製造日、製品管理番号、ロット番号などからBOM(部品表:Bill of materials )データと連携させ、製造管理・品質管理に活用することができます。

■作業品質向上

作業内容を録画して、作業時間や作業漏れの傾向分析を後で行うことで現場作業の見える化につながります。

*QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

製造現場の業務改善

3.インフラ(鉄道・航空・電気)

整備作業、施設点検の業務改善

■整備作業の効率UP

整備・点検に必要な検査歴、故障歴、修繕歴などを表示することができ、作業者の状況に応じた的確なデータ表示を行えます。

■施設点検の効率UP

施設の過去の調査結果に関するデータを表示して、点検に必要な情報をリアルタイムで比較し確認することができます。
膨大なマニュアルを手に待つ必要がなく、必要な時に必要な資料・チェックリストを確認することができるため、限られたスペースでの作業時に効率良く作業を行えます。

AceReal Oneは防塵・防滴対応、ヘルメット着用可能な為、屋外作業や油汚れの多い現場でもご利用頂くことができます。

整備作業、施設点検の業務改善

4.建設

建設現場の業務改善

■ペーパーレス化

音声で数字を入力したり、AceReal Oneにチェックリストを表示することで、野帳(野外での記入を想定した手帳で建設現場で文章や表、図などを記録する)のペーパーレス化につながります。
また、ネットワーク経由(無線LAN、テザリング等)でデータ送信をすることができるため、建設の進捗状況をリアルタイムで離れたところにある事務所と共有することができます。

■建設現場の見える化

建設作業には欠かせない建設物のおおよその全体図を3D表示することで、立体的にさまざまな角度から見ることができます。それにより、建設前の空間に建設時に必要な情報や建設後のイメージを表示することができます。また、営業用ツールとして、建設予定地で購入予定者へリアルなプレゼンを行うこともできます。

建設現場の業務改善

5.カーディーラー

車の点検・整備の業務改善

■点検作業の効率UP

自動車の点検は、日常点検から定期点検整備など複数の点検と、それぞれの点検内容に応じた整備があり、点検の伝票を手に様々な点検を実施します。AceReal Oneにチェックリストを表示、さらに入力作業を音声操作で行うことで、ハンズフリー作業が可能になります。
また新品部品の画像を表示させることで、点検中の車両の部品がどれだけ劣化しているのかを視覚的に比較できます。
例えば、エンジンオイルの色や量の比較、ベルトのひび割れや傷などを写真と比較しながら点検を行えます。
その他にも、作業中の映像をAceReal Oneのカメラで録画しておくことで、上司が後々確認するだけでなく、お客様とその映像をリアルタイムで共有することもでき、お客様満足度の向上につながります。

車の点検・整備の業務改善

6.医療・ヘルスケア

教育支援と医師不足対策

■シミュレーションによる教育支援

トレーニング中の学生や研修医向けに、教育コンテンツをトレーニング機器に重ねて表示することができます。そのため、術野(手術部位で目に見えているところ)から目を逸らすことなく、トレーニング機器に視線を向けたままの状態で、教育コンテンツを確認することができます。これによって、本番の手術に近い目の動きをトレーニング中に身につけていくことが可能になります。
また、トレーニング中の目線に近い映像を、指導者のPCへライブ配信することができます。これにより、学生や研修医がどの様な手の動きをしているのか、タイムリーに把握することができ、より的確な指導を行うことができます。

■遠隔医療支援

AceReal Oneの装着者の目線に近い映像を、医療従事者のPCへライブ配信ができます。医療従事者から指示を受けるだけでなく、装着者はハンズフリーで、より効率的に複数のタスクを行うことができます。「離島など医師が不足している地域での医療体制」や「救急医療」、そして「介護体制」を現在よりもさらに充実させることができます。

教育支援と医師不足対策

7.物流

生産性向上と物流波動対策

■ピッキングの生産性向上

通常のピッキング作業では、片手にピッキングリスト、もう片手に商品を持ち、さらにどちらかの手でハンディターミナルを操作しながらピッキングするため両手を自由に使うことは困難です。
ハンズフリー及びアイズフリーを実現したAceReal Oneなら音声コマンドとカメラ起動によるバーコードの読み取り、さらにピッキングリストを表示させることができるので、次にピッキングをする商品を動きながら確認できます。
また、倉庫内マップを表示することで簡単にロケーションを把握できるため、従来のピッキング作業に比べ生産性を向上させることもできます。

■物流波動対策

既存のマテハン機器と違い、アプリケーションを切り替えることで、多様な業務で使用ができます。
繁忙期・閑散期などの物流量に応じて、入荷、保管、ピッキング、流通加工、検品、梱包、仕分、出荷などの業務毎にアプリケーションを切替え、AceReal Oneを効率的に運用することができます。

生産性向上と物流波動対策

8.警備・警察

セキュリティ強化と情報の一元管理

■セキュリティシステムとの連動

顔認証システムやセキュリティシステムとリアルタイムで連動することができるので、空港での手荷物検査や税関、イベント、コンサート会場でのゲート入場に配備されている警備担当者が不審者を検知した場合、すぐに対象者を識別することができます。

■管理センターとの連携によるサポート

オリンピックなどの世界レベルの大型催事や国賓・公賓の警備など、大人数での対応や配置が必要な際に、土地勘や警備経験がない警備担当者が対応することもあります。
AceRealを活用することで、管理センターからの地図情報やリアルタイムな指示が現場に共有され、急な配置変更への対応や人や車両の誘導をスムーズに行うことができます。

セキュリティ強化と情報の一元管理

9.スポーツ・アトラクション・観光

ARによる新たな付加価値

■スポーツ観戦の付加価値UP

マルチアングルカメラ、スポーツ施設ソリューションなどと連携することで、グラウンドを見ながらスコアや選手情報や他の会場の状況を重ねて表示することができます。それにより、会場でライブ観戦しながらテレビ中継のような付加情報を表示することができます。
また、SNSと連携し、会場の雰囲気を書き込みこむことで、会場外に会場全体の一体感や臨場感を効果的に発信することができます。

■ARを利用したアトラクション

VRを利用したアトラクションでは、ゲーム内の世界に没入するため、テーマーパークとは分離した世界になります。
ARアトラクションでは現実世界をみながら映像を重ねて表示するので、精妙に作られたテーマパーク内の町並みに、実際には存在しないキャラクターを登場させることができます。
その為、テーマーパークの世界観を崩さずに、新しい驚きを来場者に体験して頂くことができます。

■新たな観光市場の開拓

観光地でAcereal Oneを装着することで、歴史上の遺跡や過去の建造物などを目の前に表示することができます。
失われた文化財を現在の空間に重ねて表示することで、新たな観光市場の開拓につながります。また多言語対応することで、海外からの観光客へ正確にガイドをすることができ、外国語が話せるガイドの人手不足もカバーできます。

ARによる新たな付加価値